コーギーの特徴と魅力、飼い方について

コーギー コーギー

長い体に短い足が特徴的なコーギー。コロコロと走り回る姿はとてもエネルギッシュで、可愛らしい印象かと思います。そんなコーギーですが、実はペンブロークとカーディガンという2種類が存在します。皆さんが日本でよく見かけるのはペンブロークの方なのです。

今回はそんな日本で親しまれている、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴や魅力、飼い方についてまとめてみました。

コーギーの特徴は?

特徴はやはりその体型でしょう。体高に比べて体長が長く、体は筋肉質でがっちり型。またコーギーは昔牛追いをする牧畜犬として活躍していた為、尻尾を踏まれないように切るというのが一般的でした。

しかし動物愛護の観点から、今は切る必要がないという考えもあり、尻尾を切らない個体も増えてきました。ただしペンブロークの方はフリフリとしたお尻が愛好家に人気がある為、いまだに切るという方針も残っているようです。

コーギーの性格は?魅力ってどんなところ?

性格は活動的で遊び好きですが、牧畜犬だったというルーツもあり、飼い主の様子を見る賢さを兼ね備えています。飼い主に対しても愛情深く接する為、飼い主さんの目にはとても愛らしく映るはずです。

ただ縄張り意識や警戒心が強いせいか、攻撃性が出てしまい性格が悪いと言われてしまうこともありますが、それはその牧畜犬としてのルーツがあるから。番犬としては向いているといわれているので、しつけをして長所として伸ばしてあげましょう。

コーギー

コーギーを飼う時に注意すべき点は?

牛を追っていた際に、大きな声で吠えるということもあった為、無駄吠えには注意が必要です。また牛の足を噛んでいた為、人の足を噛んでしまう噛み癖がついてしまうことも。小さいお子様がいる家庭では注意が必要です。

運動はしないとストレスが溜まる為、それなりに必要です。散歩の他にドッグランを思い浮かべる方もいますが、他の犬と接するのは少し苦手な子もいます。無理に遊ばせることはやめた方が良いでしょう。

また気を付けたい病気としては、ヘルニアや変性性脊髄症です。どちらも歩き方がおかしくなってきたら、発症が疑われますので、おかしいなと思ったら早めに病院に連れて行きましょう。

予防法としては肥満にならないことと、運動のさせ方に注意することです。コーギーは運動が好きですが、上下運動や激しい運動などは体に負担がかかってしまうので避けましょう。運動が出来ない場合は食事を調整することで肥満はある程度防げるかと思います。

まとめ

コーギーは愛され上手!
フォルムが可愛いということはもちろん、遊び好きでもあり、飼い主さんの様子も察知できる賢さもある為、コーギーは愛され上手だと言えるでしょう。それがゆえに、ついつい甘やかしてしまったりしがちですので、しつけは早いうちからしっかりとしましょう。

コーギーはそのルーツから攻撃性を持ってしまうこともありますが、ちゃんとしつければ、お利口さんになってくれる賢さを持っています。信頼関係をしっかり築いて番犬としても頼れるコーギーに育ててあげると良いでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました