ポメラニアンの特徴や魅力、飼い方について

ポメラニアン ポメラニアン

ちょこちょこと歩く姿がとても可愛らしいポメラニアン!毛も”ふわもこ”という言葉がよく似合う犬種かと思います。笑っているかのような顔もとても癒されるかと思いますが、実際のところはどのような性格をしているかなど、気になったことはありませんか?

そこで今回は、キュートなポメラニアンの特徴や魅力、飼う上での注意点について解説していきたいと思います!




ポメラニアンの特徴は?

ポメラニアンの特徴といえば、小さい顔につぶらな瞳、豪華な被毛にちょこんと出た小さな手足と、そのマスコットのような可愛らしいルックスかと思います。

小さいイメージのポメラニアンですが、実は元々中型犬だったとか。というのもポメラニアンは元々、サモエドを小型化した犬種です。顔もどことなく似ていますよね!なので、実際は「やや小型犬にしては大きいかな?」と思う大きさに育つ子もいるようです。

標準体重は1.9~3.5kgと言われていますが、骨格によって適正体重も違ってくるかと思いますので、獣医さんに相談しながら運動量や餌の量など調整すると良いでしょう。肥満になってしまうと関節に負担がかかってしまうので、気を付けましょう。

ポメラニアンの性格は?魅力ってどんなところ?

性格は人間にも犬にもとてもフレンドリー!飼い主さんといると「構って!遊んで!甘えたいよー!」と、べったり側にいることも多いのが特徴です。しかしそれだけに、留守番は苦手です。

そして、繊細な面もあり気が強い子に育ってしまうこともあるので、小さい頃から知らない人や犬と触れ合わせると良いですね。吠え癖も付きやすい犬種と言われている為、小さい頃からしつけをしてガマンを覚えさせると良いでしょう。

ポメラニアンを飼う上での注意点は?

ポメラニアン

ポメラニアンは見た目からして明白ですが、関節が弱いと言われています。なので、住環境の整備が必要不可欠です。例えばソファへジャンプしてしまうようなら、高さを高くする・踏み台を置くなどしてジャンプさせない仕組みにすると良いでしょう。

床もすべらないように注意が必要です。ポメラニアンの手足の裏の毛は伸びやすいと言われている為、こまめに長さを調整してあげましょう!フローリングの場合は、滑らないようにマットを敷くなどしてあげましょう。

ここで気になってくるのが散歩の回数や運動のさせ方かと思います。散歩は1日2回、時間は1回につき30分以内に留めましょう。運動は関節に負担をかけないようにすることがポイントです。例えばボールは投げるのではなく、転がしたりすると良いでしょう!

ポメラニアンの被毛はダブルコートです。ですから、被毛の手入れはなるべく毎日丁寧にやってあげましょう。手入れを怠ると皮膚病の原因になってしまいます。皮膚の状態も優しく毛をかき分けて見てあげましょう。

まとめ

ポメラニアンはフレンドリーで可愛らしい!
ポメラニアンはその見た目通り、とても愛らしい性格をしています!家にこんな子がいたら、可愛くて仕方なくなってしまう方続出です。ですが溺愛するあまり、甘やかすのは禁物。きちんとしつけをして、ガマンを覚えさせることがとても大事になってきます。

ですがちゃんとしつければ、疲れた飼い主さんの心を癒す、専属セラピストになってくれること間違いなしですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました