犬との冬の過ごし方!室温や被毛の種類、お留守番時の注意点

冬 犬について

寒い冬は愛犬との散歩もしんどくなりますよね。

「雪」という童謡には「犬は喜び庭駆け回り♪」という歌詞もありますが、実際に気温の低い冬は特に室内で飼っている犬にとっても気を付けなければならない季節といえます。

また、注意するのは家の外だけではなく、室内でも同様に寒さ対策を行わなければなりません。

犬を飼って間もない飼い主さんや、「犬は毛皮を着ているようなもんだから寒くても大丈夫でしょう」なんて思っている飼い主さんはしっかりと「犬との冬の過ごし方」をインプットしておくべきです。

この記事では、そんな「犬との冬の過ごす上での注意点や」について解説していきたいと思います。




寒い冬は犬との時間がより幸せに感じる季節

冬

人間も冬になると人肌恋しくなるように、冬に愛犬をギュッと抱きしめるのはとても幸福を感じる瞬間といえますよね。

「あー寒い寒い」といいながらソファーで犬と寄り添ったり、愛犬のお腹の温かさが幸福感を倍増させます。

犬種によって被毛の種類が違う

犬の被毛には、「シングルコート(上毛のみ)」と「ダブルコート(上毛と下毛両方)」という2種類が存在しています。

あまり犬の知識がない飼い主さんにとっては、どんな犬種も「毛皮を着ているようなものだから寒くないでしょ」という感覚かもしれませんが、実際には寒さに弱い犬種も多いのです。

例えば、スムースチワワやパピヨン、マルチーズ、フレンチブルドッグ、黒パグ、ミニチュアピンシャー、ヨークシャーテリアなどが代表的な犬種です。

このシングルコートの被毛を持つ犬種は、冬の散歩時には厚手の洋服を着せるなどの工夫が必要といえます。

シングルコートに対して、比較的寒さに強いダブルコートの犬種は、散歩時の洋服などは薄手の洋服などで十分ですが、逆に室内の暖房設定温度に注意が必要です。

※犬に洋服を着せるべきではないという意見もあったりしますが、「犬に服を着せる着せない論争!是か非か意見は大きく分かれる」という記事で解説しているので参照してください

飼い主さんが良かれと思って付けた暖房も、設定温度が高すぎるとダブルコートの犬種には「暑すぎて体温調節できない」状態に陥ってしまう危険性があります。

ダブルコートの犬種としては、ロングコートチワワ、ミニチュアダックスフント、ポメラニアン、ゴールデンレトリバー、ボーダーコリー、シベリアンハスキーなどです。

お留守番時の室温などの環境を注意する

冬

愛犬が寒さで凍えないように暖房をつけっぱなしで外出する飼い主さんも多いかと思いますが、その際は暖房の設定温度に気を付けたいところ。

室温を18度~23度くらいに保てるような温度設定でお出かけすれば安心です。

また、室温だけではなく、湿度にも気を付けるとより良い環境といえます。

最近ではエアコン自体に湿度コントロールする機能があったりしますし、加湿器を使用するのも良いでしょう。

そして、毛布などを活用すると、犬は体温調節がしやすくなり、快適に過ごすことができるので、真冬になる前には用意してあげるできでしょう。

冬の季節は日々の健康管理をしっかりと!

愛犬の被毛の種類や、寒さに強いかどうかをしっかりと把握して、冬の寒さ対策を心がけることが飼い主としての義務ともいえます。

そして、寒さ対策と合わせて、お留守番時の室温や湿度の設定などにも気を遣い、愛犬の健康を維持していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました