安定した人気の柴犬の特徴や飼い方、魅力や豆知識について

柴犬 柴犬

いつの時代も高い人気を誇る柴犬を飼いたいと思っている人は多いのではないでしょうか。
日本人にとって、柴犬はかなり馴染みが深く、柴犬と言って知らない人はいない程有名です。
しかし、柴犬という犬種を知っていて、多くの人が特徴や飼い方についての詳しい知識がないことも事実です。

そこで、この記事では、柴犬の特徴や飼い方について、詳しく解説していきます。




日本人に馴染みの深い柴犬の総まとめ!特徴や飼い方、豆知識

柴犬の特徴は?

柴犬には、どのような特徴があるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

可愛げがあり、従順

柴犬は、なついている人に対してはとても愛想よく接してきます。
例えば、尻尾を大きく振って喜びを表現したり、自分から寄ってきたりします。

また、心を開いた飼い主に対しては非常に従順ということも特徴の1つです。

柴犬

怖いもの知らず

柴犬は、好奇心旺盛かつ怖い物知らずという特徴があります。
その理由としては、柴犬の先祖に狼の存在があるからです。

他人には警戒心が強い

柴犬はおとなしいというイメージを持っている人がいるかもしれませんが、意外と攻撃的な一面も併せ持ちます。
また、人間の子供や赤ちゃんを自分より目下に捉えることもあるため、しつけをしていく過程でしっかりと教えてあげることが大事になってきます。

学習能力が高い

柴犬は非常に学習能力が高い犬種でもあります。
そのため、トイレの場所なども短期間で覚えることができ、しつけがしやすいことも特徴です。

やんちゃ

先ほど、柴犬は好奇心旺盛と説明をしましたが、そのため、子犬、成犬問わず非常にやんちゃであることが多いです。
散歩にしばらく連れて行かなかったり、運動不足になってしまったりすると、ストレスが溜まり攻撃性が強くなってしまう場合もあるため、適度な運動をさせてあげることがとても大事になってきます。

柴犬を飼う時に覚えておくべきことは?

このような特徴を持つ柴犬ですが、いざ飼うことになった場合には、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

飼育環境

柴犬は、室外で飼育するのが一般的です。
しかし、最近では室内で飼育する人も増えてきました。
どちらで飼育しても問題はありませんが、室内で飼育する場合には、気を付けなければならないことがあります。

それは、飼い主のスキンシップです。
柴犬は、必要以上のスキンシップを非常に嫌う場合があり、例え飼い主であっても噛みついたり、吠えたりする場合があります。
もし室内で飼う場合には、スキンシップの頻度などに注意が必要です。

また、柴犬は多頭飼いでも問題ありません。
しかし、先ほども少し触れましたが、狼の血が入っていることもあり、縄張りや上下関係を意識する場合があります。

そのため、多頭飼いをする場合は、それぞれ犬小屋を作り、離れて生活させるということも1つの手です。

値段

柴犬の値段は、5万円から30万円程度になることが多いです。
ただ季節などによって変動する場合もあり、子犬の方が高くなる傾向にあります。

また、里親として柴犬を飼うというのも1つの方法です。
というのも、何らかの事情により柴犬を飼うことが難しくなった飼い主が、里親を募集している場合があります。

インターネットなどを通じて、里親を募集している飼い主を見つけることができますので、そのような方法で飼うという方法もあります。

柴犬のしつけのポイント

柴犬をしつけるときのポイントはいくつかあります。
まずは、しつけの期間です。
中には、長時間ずっと同じことを教え続ける飼い主もいますが、柴犬は集中力が高い分、途切れてしまうのも早い犬種です。
そのため、10分程度に区切りながらしつけを行うことも大事です。

次に叱るタイミングです。
柴犬に限らず、犬を叱る場合は、良くないことをした瞬間に犬がわかるように叱ってあげることが大事です。
この時も、ダラダラ叱るのではなく短い言葉で、尚且つ少し大きめの声で叱ってあげると伝わりやすいです。

そして、留守番についてです。
柴犬は、比較的留守番のできる犬です。
というのも、柴犬の性格上、自分だけの時間も好む傾向にあるため、飼い主がしばらく不在でも、寂しさで吠えまくるというようなこともあまりありません。
ただ、長時間留守番をさせる場合には、長めに散歩をしたり、スキンシップを取ったりすることも大事になってきます。

柴犬

柴犬の一言豆知識

柴犬は日本人と馴染みが深い犬種ですが、いつから日本人と関係があったかご存じでしょうか。
実は縄文時代から、柴犬は猟犬として日本人と良きパートナー関係にあったのです。
そして、これは知っている人も多いかと思いますが、柴犬は天然記念物にも指定されているのです。

まとめ

このように、しっかりとしつければ、比較的飼いやすい柴犬ですが、当然注意点もあります。
これから柴犬を飼おうとしているのであれば、まずは性格を正しく把握して、大事なことや注意すべきことについての知識をつけておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました